ピアノを弾きに京都へ


連休の初頭わざわざ京都迄気になるピアノを弾きに行って来ました。私のピアノは製造されてから35年が経ちます。
後何年ピアノを教えるのだろう?後何年生きられるのだろう?
なのにわざわざ高い交通費を出して京都まで行く?いや私亡き後孫が使ってくれるはず、と自問自答を続けた挙句、よし行こうと奮い立ち7時40分東京駅発の新幹線に乗りました。
京都駅から奈良行の電車に乗り換えて3つ目のJR藤森駅。
不思議なことにホームに立っている看板には、  じぇいあーるふじのもり  と書かれています。
じぇいあーるなんて関東では書かれていない。
京都らしい閑静な住宅街を20分歩いて到着。弾きたかった3台のピアノを弾きました。幻の大橋ピアノ。16台しか製造されていない内の1台中古ですが¥400万円
弾きやすい良い音色でした。でも手がでない。残り2台は想像外の音色でした。
帰り京都駅近くの地下街にあるリプトンの喫茶店でランチとケーキを食べ、
京都伊勢丹で服を買って帰りました。無計画な羽目をはずした行動は思いがけずリフレッシュし楽しい出来事になりました。
ピアノ探しは諦めずに続けて行きたい。気持ちだけは若い自分に困ったものです。
ピアノの事色々勉強になりました。全てに凝り性です。死ぬまで小説家になりたかった父親譲りかも?

バラライカ


先日徹子の部屋に出演していたバラライカ奏者の北川翔さんの演奏を聴きました。
映画「ドクトルジバゴ」でバラライカを見ましたが、改めて聴くと暖か味の
ある音色で素敵でした。

若い人にドクトルジバコと言う映画を知っている?と聞くと誰も「知らない」
と言います。あの名作映画を知らないなんて年代の差にがっかりです。

北川翔さんは3代続く音楽家の家系です。父親は日本人初のプロバラライカ
奏者北川つとむ。ロシア民謡「月は輝く」「カリンカ」聴いてみて下さい。

孫からのプレゼント


「ばば、ディズニーのキャラクターで何が好き?」
「ばばはダッフィーが好きだよ」

4月7日にディズニーランドに行く予定の孫が私へのお土産を考えてくれていました。
ママのお金と孫のお年玉とで買って来てくれました。
私が欲しかったダッフィーのキーホルダーを2つも。

プーさんのマグカップはいつもお年玉をくれる京都に住む次男へのプレゼントです。五月の連休に帰省するので、次男も楽しみにしています。

学生さんのカバンにぶら下がっているキーホルダー「可愛いな」と思って見ていました。もったいないので、ピアノさんの上に飾っておきます。
めぐちゃんあ・り・が・と・う。♡

ディアパソンピアノ


皆さんディアパソンというピアノをご存知ですか?
私は聞いた事はあるのですが詳しくは知りませんでした。
私の友人が古いピアノなのでどこも引き取ってくれないと言うのでお世話になっている調律師さんに見に行って頂き1万円で引き取ることになり、友人は喜んでいました。昨年の8月の事です。

先月私のピアノの調律に来られ、友人のピアノはどうなりましたか?と尋ねましたら、「えっ?」見には行きましたがその後の手配をしていないかもしれないと言うのです。忘れていたのです。友人も忘れられている様なので電話しようかと思っていたというのです。

思い出したのです。調律師さんに友人の電話番号を教えて見にいく日を連絡して下さい。と言ったのに連絡無かったらしくもう一度「友人が待ってるのでお願いします」すると「教えていただいた電話番号を書いたメモを無くしてしまった。」と言うのです。最初からこんな調子でした。

結局昨年アップライトピアノを手放したら不便になっていたので、私が引き取ることになりました。
運送会社に手配して届いたピアノは驚く程古く、でも私が手放したピアノより良い音なのです。

そして調べました。大橋幡岩さんが1909年日本楽器に入社し、ピアノ研究所長を歴任した後、当時名器と名高かったベヒシュタインの技師から直接技術指導を仰ぎ,自分の理想とするピアノを造りたい思いにかられて会社を興し誕生したのが「ディアパソン」です。1948年に第1号を完成1980年84歳で亡くなる迄ピアノ造りに人生をかけた匠です。大橋幡岩さんが生前造られたピアノは4000台と言われています。

私が譲り受けたピアノは60年前に造られたものです。1958年頃です。
外観は古いのですが音色は純粋な中立音でとても良い音です。これから調律、調整
してもらいます。甦るのが本当に楽しみです。