月別アーカイブ: 2014年10月


五月女 慧 ピアノマスター公開レッスン


DSCF0125五月女 慧    「さおとめ・けい]

幼少時代、フランスの大作曲家オリヴィエ・メシアンと
その夫人に才能を認められ、10歳で渡仏。15歳で
パリ国立音楽院に入学。研磨を重ね数々のコンクールに
入賞し海外、国内で広く活躍されております、
現在はベルサイユ音楽院で指導されております。

26年10月25日

柏屋楽器  フォーラムミュージックセンター5階ホール
にて、午前、午後とマスタークラス[音楽家としての優れた資質や才能を持つ生徒]
の公開レッスンがありました。私は午後の部を見て来ました。

1曲目     レイバッハ; ノクターン

2曲目     モーツアルト; ピアノソナタ第12番 ヘ長調K332第1楽章

3曲目     リスト; メイフィストワルツ第1番

1,2曲はおよそ各1時間  3曲目は2時間の指導で合計4時間
午前の部も4時間合わせて8時間にも及びました。五月女先生は
出会いを大切にしたいと仰っていました。丁寧で曲を深く知りつくし、
テクニックの指導も大変勉強になりました。フランス、パリの景色、
街角のカフェテラスに思いを馳せながら、ヨーロッパの音楽を堪能しました。

11月1日(土) 14時   フォーラムホールにて

 五月女 慧  ピアノリサイタル    ~夢と希望を音にして~
  

 



明珍宏和おしゃべりさいたる


IMG_1020 IMG_1017  IMG_1021

2014年10月17日[金]

ザ・プリンスパークタワー・東京 メロディーライン

東京タワーの側プリンスホテル内のリサイタルでした。
出演    明珍宏和   [バリトン]
                       中村 愛 [ハープ]

3曲の日本歌曲から始まり、フランス歌曲、ドイツ歌曲、イタリア歌曲まで12曲

ハープの独奏     ハープ協奏曲  [ヘンデル] 

ハープは45キロ程の重さで足元には4本のペダルが付いていて、♯、♭、♮の
操作をして、ドレスで足元は見えませんが、体育会系の運動をしていると愛さん
が言っておりました。指先も弦が血で染まることも多々あるそうです。
ハープ協奏曲はテレビの料理番組の始まりに流れる耳慣れた曲でした。
愛さんは2楽章が大好きだそうです。

明珍宏和さんは柏屋楽器の公開講座に参加して、初めてお目にかかりました。
丁度発声を学びたいと思っていた時でしたので4回ですが発声を教えて頂きました。

数々の賞を受賞して日本各地で演奏活動をしておられ、
2015年1月11日にはロサンゼルスのアラタニ日米劇場で行われる
ベートーヴェン「第九」にバリトンソロとして出演します。

大変雰囲気の良い会場でドリンクを飲みながら聴けて良かったです。

 



シャンソン・ポピュラー教室発表会


DSCF0104      DSCF0098
               
昨年の5月バス停でシャンソンを歌っている方との初めての出会いから
見えない力に引っ張られシャンソン・ポピュラー教室に入りました。

私はカラオケにも行った事がなく歌を習うなど考えた事もない展開でした。
始めてみると歌う楽しさにはまっています。

今年で二回目の発表会です。[10/13]
会場は上野池之端ライブスペースQui
曲目  1部   明日
     2部   ミュジカル・レミゼラブルより  on MyOwn[弾き語り]

やはり弾き語りは難しいです。ピアノを弾きながらマイクで歌う、手元
を見ると口がマイクから離れてしまうので、注意が散漫してしまうからです。
とにかくピアノを間違えず歌い終わりました。
聴衆の反応は拍手喝采だった一部の明日よりちょっぴり低かったかな?
と思いました。ピアノ教師の私としてはピアノを間違えなかったので良しと
致します。そもそもOnMyOwnは若い女性の失恋の歌で、乙女心が残っている
とは言えちょっと背伸びしてしまったかな?と思っています。
歌詞が琴線に触れ好きになりました。
とにかく友達二人が聴きに来てくれて、嬉しかったです。
一人の友達が米田まり先生の歌と人柄に感動して、先生に私も習いますと
宣言したと言うハプニングもあり、楽しい1日でした。



琴欧洲引退断髪披露大相撲へ行く


私は相撲好きです。取組を見れない時はダビングしてみます。
横綱が三人ともモンゴル人なので、相撲観戦を止めたと言う人
もいますが。仕方がないかなと、白鵬を応援しています。

琴欧洲は国技館の入り口で観客を出迎えて立っておりました。
相撲の漫才にあたる初切、子供さんとの最後の土俵入り
十両の取組、髪結い実演、そして断髪式へ、350人程が、髷に
ハサミを入れ、最後にブルガリアから来日したお父さんと、親方。
お父さんも琴欧洲も泣いておりました。挨拶では感極まって言葉に
なりません。

2005年11月に大関になってから今年まで10年近く大関の地位を
守って来られた事を称賛したいと思います。祖国を出て日本で頑張って
来て、断髪式に臨め日本一の幸せ者と言っておりました。

これからは親方として相撲界で新しい出発応援したいと思います。
二人目の子供さんの誕生も間近、お腹の大きな奥様も一日立ち通し
でお疲れ様でした。とても感動した断髪式でした。