doremi-admin のすべての投稿

須藤進学教室


須藤進学教室に改名したい程,我が音楽教室の生徒さんは優秀です。
中学1年生の男子が中間テストで学年1番。
中学2年生の男子もいつも学年1番。
中学2年生の女子は今回学年3番。
今年高校1年生になった女子生徒も中学3年間常にトップ。
高校は私立の進学校に進みました。
私立中学の進学クラスに行っている中学3年生。
卒業生では情報が入っている限りですが、脳神経内科医師、東大卒でカメラマンになった生徒。大学院生の時司法試験に合格して検事になった生徒、ピアノコンクールに入賞して音大に進み、音楽教師になった生徒。クロアチア国立バレエ団でバレリーナとして現在も活躍
している生徒さん。
もっともっと活躍している生徒さんも大勢います。
嬉しい限りです。本人の資質、努力に少しでもピアノが影響していたら嬉しいです。
バレリーナになった生徒さんのお母さんが以前お会いした時ピアノを習ったお陰で音楽を聴ける事が出来たとおっしゃってくれました。
ピアノの練習は修行とブログでも書きましたが、努力を続けることが
少しは役に立ったら嬉しいです。

京都実相院















ゴールデンウイークに行ったお寺です。
実相院は門跡寺院です。
門跡寺院とはその寺院の住職を天皇家の血を引く方々が努められていた
格式の高い寺院のことで、代々皇室から大きな支援を受けて栄えていました。とくに室町時代から江戸時代にかけては、天台宗寺門派では数少ない門跡寺院の随一とされていました。

NHKこころの時代~禅の知恵に学ぶ


2019年5月25日(土曜日)

出演・山川宗玄【正眼寺住職・正眼憎堂師家】
   
   「生きることすべてが修行」
何気なくテレビのチャンネルを回すと、お坊さんの対談が目に止まりました。
男のお坊さんなんですが、弥勒菩薩の様な優しく美しい顔立ちに驚いてしまい画面に釘付けになってしまいました。

お顔は本当に弥勒菩薩の様に優しく微笑んでおられ、まるで女の人の様でした。
苦しい修行から逃れるために修行を二倍、三倍にして倒れこんで救急車
で運ばれる事で逃げ出すことが出来るのではないかと考えたそうです。
辛い修行で追い込んでも全く倒れず、ある時実家に帰って友人にお風呂で
背中を流してもらったら、友人が驚いた声で背骨が三本あると言ったそうです。背骨の両側にまるで背骨の様な筋肉が出来ていたそうです。
どうりで座禅をすると腰が痛かったのが痛く無くなっていたそうです。
長い座禅が終り朝の起床時刻まで後一時間半、いつもだったら一時間半
しか眠れないと思うところ、その日は一時間半も眠れる。と思ったそうです。しか、が、も、に変わったそうです。
それから全てに光が見えてきたそうです。
ふと思いました。ピアノの上達も修行ではないかと。
難しい曲に取り掛かる時、はたしてこの様な難しい曲を楽譜通りに弾ける時が来るだろうかと、片手づつ根気よく練習し、そろそろ両手で弾いて見ようと一段づつ丁寧に練習しやがては10ページの曲を完成させてゆく工程は努力と根気と忍耐、日々修行です。
2~3か月で指が言う事利かないと根を上げてしまったり、折角ピアノを始めてたのに仕事が忙しく時間が取れないと挫折する人も居りますが、何年も続けている我が教室の生徒さんは凄いなと改めて感心しました。
この様な話を聞きました。
モーツァルトもショパンも5歳で天才ピアニストと言われましたが、前世も又その前世からピアノを弾いていたと、でなければ出来るわけがないと。今世で勉強したことは来世でも続く。70歳でも80歳でも興味の
ある物があったら始めて下さいと、もう歳だからと思わなくて大丈夫。
来世でその続きがありますと。私は信じます。来世はひょっとしてピアニストかな?それは甘いよ。

ゴールデンウイーク


兵庫県に引っ越したばかりの息子の家のかたずけがてら関西旅行と思いやっと取れた新幹線で新大阪駅へ、JRの大阪駅まで行き改札から歩いて10分の阪急電鉄梅田駅へ20分程乗って最寄り駅の川西能勢口駅まで、そこからバスで10分、色々な人に尋ねながら要約着きました。
ほとんど毎日部屋の片付けに追われて5日間の滞在で出掛けたのは兵庫県立美術館、京都の実相院、京都市内で食事、古い喫茶店、デンマークの雑貨屋さん、最終日に
立ち寄ったあべのハルカス、天王寺駅そばで明石焼きをたべて大阪に来た実感、私は東京育ちのせいか今一関西に馴染めない。
アクシデントも沢山ありましたがなんとか帰ってこれました。
上野駅の最終電車に乗り遅れて大宮から9000円も払ってタクシーとなりましたが。
新大阪駅で辛うじて買えたお土産 たこやん、は予想以上の美味しさでした。
大阪へ行く楽しみが出来ました。
次回は瀬戸内海の小島に取り立ての魚介料理を食べに連れて行ってくれるそうです。