五月女 慧 ピアノマスター公開レッスン


DSCF0125五月女 慧    「さおとめ・けい]

幼少時代、フランスの大作曲家オリヴィエ・メシアンと
その夫人に才能を認められ、10歳で渡仏。15歳で
パリ国立音楽院に入学。研磨を重ね数々のコンクールに
入賞し海外、国内で広く活躍されております、
現在はベルサイユ音楽院で指導されております。

26年10月25日

柏屋楽器  フォーラムミュージックセンター5階ホール
にて、午前、午後とマスタークラス[音楽家としての優れた資質や才能を持つ生徒]
の公開レッスンがありました。私は午後の部を見て来ました。

1曲目     レイバッハ; ノクターン

2曲目     モーツアルト; ピアノソナタ第12番 ヘ長調K332第1楽章

3曲目     リスト; メイフィストワルツ第1番

1,2曲はおよそ各1時間  3曲目は2時間の指導で合計4時間
午前の部も4時間合わせて8時間にも及びました。五月女先生は
出会いを大切にしたいと仰っていました。丁寧で曲を深く知りつくし、
テクニックの指導も大変勉強になりました。フランス、パリの景色、
街角のカフェテラスに思いを馳せながら、ヨーロッパの音楽を堪能しました。

11月1日(土) 14時   フォーラムホールにて

 五月女 慧  ピアノリサイタル    ~夢と希望を音にして~